食物アレルギーと薬の添加物

会社でも子供の小学校でもインフルエンザや風邪が大流行。hospital
かくいう私も先週高熱でダウンしました。shock

ニュース報道では今年のインフルエンザも「警戒レベル」を超えたそうで、皆さんお気をつけて下さいね。

さて病気になったら、お医者さんに薬を処方してもらいますが、食物アレルギーを持つ者にとってはこれがくせ者。
薬にも飲みやすさや保存の事を考えて各種添加物が入っています。
ところが加工食品とは異なって、薬局で外箱を見せてもらってもパッケージに表示がありません。wobbly
(パッケージ内に入っている添付文書には書いてあるんですけどね)

ウチの場合には、乳アレルギーがあるので乳糖入りは避けたいのですが、お医者さんは薬効で薬を選ぶので、添加物まで配慮してくれる方は少ないようです。sweat01
薬局で薬剤師さんに相談してもかなり食物アレルギーになれた方じゃないと、添加物までは気にしていない様子でした。
(あくまで私の経験上ですが)

そんな時に私が使うのが、「医薬品医療機器情報提供ホームページ」というWebサイトです。
アドレスはここ http://www.info.pmda.go.jp/

商品名や薬効成分の名称から簡単に検索できて添付文書のPDFファイルもダウンロードできます。good
同じ薬の商品でも散剤とカプセルと錠剤では添加物が違ったりするので、よく調べてから飲むようにしています。

ちなみにインフルエンザ治療薬の「リレンザ」を検索すると、添加物欄に『夾雑物として乳蛋白を含む』とあります。coldsweats02
乳アレルギーの方は、お医者さんや薬剤師さんとよくご相談を。

それから最近流行のジェネリック医薬品の中には意図的に添加物を変えているものもあります。
薬効成分が同じとはいえ、こちらも要チェックです。eye

M.Y

コメントは受け付けていません。