エピペンが保険適用に

日本経済新聞朝刊(2011年9月8日付)に、厚生労働省が「エピペン」を今月の22日から
保険適用するという記事がありました。

かつては個人輸入しか入手方法がなかったエピペンですが、関係省庁に働きかけた結果、
2003年に承認されました。しかし蜂刺されのみで食物アレルギーには適用されませんでした。
がっかりしながらも関係する方々とアナフィラキシーの市民公開講座でエピペンの啓発をしたり、
いろいろな努力を重ねて、ようやく2005年に食物アレルギー患者にも処方されるようになりました。

ただ、自由診療なので、現在は1本12,000円から15,000円程度の費用がかかります。
今後、保険適用になれば所持する人が増えることが予想されます。

これを機に関係者のアナフィラキシーとエピペンについての理解が進み、子どもたちが
園や学校で安心して過ごせるようになるといいですね。

エピペンの保険適用は、みんなの願いでしたから、本当にうれしいです。

武内澄子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントは受け付けていません。