おやじの会

先日、長女の中学校にて開催されたファミリー会に参加してきました。

普段は子供と接する機会の少ない父親をメインに、一部の先生達も交えての会で、和やかな雰囲気の中で行われました

元はおやじの会と言う名で年一回開かれてましたが、今年からお上品な(笑)名前に変え、父以外でも参加可能になったそうです。

仕事の話が多かったり、子供の自慢話をしたり…他人の家の事や、父親の視点からの話は、普段は接する機会が少なかったので、興味深く楽しく過ごしてきました。

先生方のお話も少し聞けて、いつもと違う一面も見れました。

子供逹を育てるというのは大変な事です。
学校だけで身に付けるものが勉強のすべてでは無いと思いますし、家で子供に何を伝えられるかは大事だと思います。大人になってからの方が、実生活に勉強が必要かもしれません。

これからの教育がどうあるべきかは、まず目標を立てない事には見えてこないし簡単には出せない答えだとは思います。

少なくとも、与えられているもので満足するような受け身ばかりにならず、多くのものに対して自分で考え、実行できるよう、その為の教育を皆で作り上げていけたら…と思います。

伊藤大史

コメントは受け付けていません。