強運!奇跡のスキーツアー

「復興支援 春休みスキー&雪あそび合宿」が無事終わりましたsnow

日々の食事作りから解放されて、親も子も仲間たちといっぱい遊び、アレルギー対応の
美味しい食事を皆で安心して楽しんで!bellという願いのもと、多くの協力者に支えられて
スタッフは準備を重ねてきました。

特に昨年は東日本大震災という未曽有の出来事があり、東北に住むアレルギーっ子
たちに、たとえ一時であっても、日常を離れて楽しい時を過ごして欲しい。それが今後に
向けて復興のパワーの源になってくれたら…という思いも募り、何かできることはないかと
ずっと検討してきました。

親の会では、長年、千葉の海宿:三晴さん(残念ながら昨年休業)をお借りしての夏合宿を
開催してきました。冬、ウインタースポーツを楽しめる合宿もできないかという要望は
以前からありましたが、実現するには現実はあまりにも厳しく…shock

そうして今回、長年の夢がようやく実現した企画でもありましたので、大変な中にも準備する側
の喜びもひとしお!noteslovelyとなりました。

当日は、貸切バスbusで東京駅を出発する一方で、ボランティアによる運転でマイクロバスbus
石巻まで走らせ、東北から新潟に向って合流する子どもたち…という計画で、
私は準備のため前日から苗場入りしていたのですが、皆が到着する日は朝から大雨rain

これじゃあスキー大会が水泳大会になっちゃうよぉ~cryingという心配をよそに、皆が到着する直前に
rainは雪snowに変わり。

「すごい!!さっきまでどしゃぶりだったけど、今雪になっています!!!」
これ、感激のあまり東京発のバスに同乗していた武内代表に私が出したメールですscissors
このメールmailtoを送ってから間もなく子どもたちの元気な声がホテルに到着しました。hotel

着いた日のお昼はカレーdelicious。宿のオーナーが初めてのアレルギー対応食に苦労を重ね
ながらもとても美味しいカレーが出来ました。皆、何度もおかわりをしていました。happy01

午後は雪の中snow、スキー教室やそり遊びに興じたことは言うまでもありません。scissors

宿に帰ってからは、近くの温泉へspaそして皆で食べた美味しい食事は、越後もち豚pig
生姜焼き。restaurantこれまたおかわりして皆いっぱい食べたのに、その後は暖炉を囲んでの
たい焼きpiscesバーべキュー!勿論、これもアレルギー対応heart04

いつもはあれもダメ、これもダメ…お腹は腹八分で…。ということが多いけれどdespair、今夜ばかりは
少しぐらい夜更かしもOK!good子供にも別腹ってあるのね…とママたちの笑い声に囲まれて、
夜は更けていったのでした。

そして翌日は快晴!sun昨晩降った雪が見事にパウダースノーになっていて絶好のスキー日和。

まだまだ遊びたい~!!と惜しむようにスキーから上がり、最後の食事はカフェ風のハンバーガー
ランチfastfoodに舌鼓をうっていると、午前中の快晴がうそのような曇天に…そして雪。
なんて強運の子どもたちなのだろう!eyeと驚きました。これならこれからも大丈夫!!scissors

東京、石巻へそれぞれバスbusは出発し、皆楽しい思い出を沢山抱えて帰路につきました。

親の会会報4月号では、参加された方からの感想も交えて詳細な報告を掲載する予定で
準備しています。皆さまお楽しみに!

今回の企画にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
小児科医T先生、プチホテル雪ッ子荘、辻安全食品株式会社、トップクループロダクション株式会社

新井泰子clover

コメントは受け付けていません。