エアコン

結婚当初からずっと住み続けている今のマンション。
途中、床を張り替えたり、ガスレンジや換気扇・給湯器・水道管・ユニットバス・エアコンの
交換など、マンション全体での設備交換が何度もありました。
大がかりな工事の時は、子どもが合宿などで不在の時を選びます。
先週末、給湯器とエアコンの入れ替えがまたありました。今回も、合宿中です。

今まで面倒だった風呂釜の掃除が、ようやく2つ穴から1つ穴になりました。
そして、エアコンにもカビ防止の「エアコン乾燥」と臭い対策の「においま洗浄」という
新しい機能が!!!  ついにヤッターっと、大喜び。

実は、このマンション、床置き縦型の備付エアコンで、一般的な壁掛けエアコンと違います。
この床置き縦型、冷暖房の能力は良いらしいのですが、エアコン清掃業者でも清掃をやって
くれないシロモノなんです。
そして、市販のエアコン洗浄スプレーには必ず書いてあります。
「縦型には使用しないでください」と。
ですから、毎年、冷房・暖房を使う前の掃除は自力。スプレーも自己責任で使用。
そして、分解も自己責任で。
ものすごい技と労力と時間を費やします。アレルギーのある家庭では、死活問題。
昨年、何度洗浄しても匂いが取れず、それまで以上の分解を試み、そして、どうしても
手の届かない部分を隙間から覗いたその時、ガ~~~ン!!!
黒い恐ろしい物の存在を発見!!!
中の方でぐるぐる回っているあのフィンのところです。
いくら、表面の銀色の冷却フィンを洗浄しても、改善されないはずです。
あ、あんな、奥・・・・。
もう、こうなったら、クレームしかないと、管理会社に直談判。
だって、どこの業者も来てくれないのですから。
結局、メーカーが来て、その黒い部分を丸ごと交換してゆきました。
こんなことなら、もっと前にクレーム出せばよかった、と。
そして、今年、新しいエアコンが登場しました。(タイミング的には、もう少し後でもよかったけど。)

前述の新しい機能を取説で研究したところ・・・。
カビ防止の「エアコン乾燥」。冷房使用後、エアコン内部の結露をそのままにしておくから
カビるわけで、出来れば毎回乾燥させましょうという機能。
『エアコン乾燥運転中は室内の温度が上がり、臭いが出てくることがありますので、
お部屋に人がいない時刻の設定をおすすめします』
臭いが出てくる ?・・・・・
次に、「においま洗浄」とは何ぞやと良く読むと、『臭い除去運転』という事のよう。
なんだ、洗浄するんじゃないのか。
そして、『エアコン内部に付着した臭い成分を送風と暖房運転で吹き飛ばします。
運転中は室内温度と湿度が上がり、室内に臭いが出てきますので、部屋の窓を開けるなど、
換気をしてください。』と。
吹き飛ばすって、ばらまくって事でしょ。ちょっとありえない!!!

N社・S社・D社等の最上位機種で清掃・除菌機能搭載のものがありますが、
実際問い合わせると、全くかびないわけでは無く、かびにくくする機能だとの事。
量販店に相談すると、そこまでこだわるなら下位機種の方が分解掃除はしやすいし、
頻繁に買い換えれば良いのではと。

空気清浄機、防ダニシーツに洗える布団、空気清浄機並みの掃除機に、電磁場対策にと
そういった物を専門に取り扱うお店もありますが、おすすめのエアコンは、見た事が
ありません。

ず~~と気になっている問題です。
納得のいくエアコンが欲しい。

浜野 忍

コメントは受け付けていません。