お友達のこと  お婿さんのこと  お嫁さんのこと

以前、スタッフが書かれた「お友達のこと」というブログ(2010年10月31日)。スタッフのお嬢さんが小学校へ入学以来、とても仲良しの男の子がいて周りも公認?の仲良しとか。
ある時、お嬢さんが小学校でアナフィラキシーを発症してしまった時、その子が、機敏に甲斐甲斐しく対応してくれ、本当感謝されたとの事。
その子が遊びに来る時に持参するおやつは、アレルゲン表示だけでなく、原材料をちゃんとその子が確認していて、でも、そんな事は自分では口にせず、「食べられて良かった」と喜んでくれていたという、感動のお話。heart

そのお話の中で、私が一番 食いついたのは、「娘以上に親の方が彼を気に入っていて、これからも面倒見てもらえるように今から将来のことを頼んでおこうか、と半分本気で思っています 」ってところ!
ホント、そんな人と結ばれて欲しいですよね。heart02
うちは、男の子だから、ちゃんと出来るお嫁さん!
当の本人を調教するのは、失敗の感もあるので、今からは出来るお嫁さんに期待。
卵・乳は18歳でようやく解除できたから、ハードルは低くなったものの、エビ・カニ・イカ・タコ・貝類・そば・ナッツ類は今でも完全除去。ng
食事作りは、もちろんの事、掃除・洗濯・換気・農薬・添加物・洗剤・薬 ~~~注意するものはいっぱい・・・。sweat01

ママ友は、みんな口をそろえて言います。
『絶対に、あなたと同じには出来ないんだから、それを求めちゃだめよ』って。
わかっているけど、でも、命かかってるし・・・。shock
『大丈夫。ちゃんと、本人わかっていて、そんな人を見つけるわよ』
と、そんな風に言ってくれる人もいます。up

「ねえ、ねえ。大学のサークルに、栄養士や看護師の女の子いないの?」heart04
と、唐突に息子に聞いたりして、勝手な妄想に胸を膨らませている母であります。eye

浜野 忍

コメントは受け付けていません。