知られざる静岡名産品?

今回は私が出張で頻繁に訪れる静岡のお話です。

皆さん静岡といえば何を思い浮かべます?
富士山?お茶?サッカー?
清水の次郎長とかちびまるこちゃんを連想した方も多いかもしれませんね。
そんな静岡の隠れた産業をご紹介!(いや別に隠れてはいませんが・・・)

それは・・・プラモデルなんです!
実は静岡県はプラモデル生産日本一で、実に92%が静岡産!!(22年度データ:出荷額ベース)
でも何で静岡なんでしょうか?不思議ですよね?

調べると古くは徳川家ゆかりの静岡浅間神社まで話がさかのぼるそうです。
寛永年間と文化年間の大造営を行った際に全国から様々な職人達が駿府(現在の静岡市付近)へ集められた職人たちがそのまま駿府に定住し、その木工技術を活用して家具やひな人形、仏壇、蒔絵などの生産を始めたのが始まりだとか。
その木工技術が受け継がれ、時代は流れて木製の模型飛行機からプラモデルに変遷をたどったそうです。
ちなみに世界に名を轟かせるタミヤやバンダイなどの一流メーカーの本社もココ静岡にあります。

その『模型の世界首都』(公式で言ってます)を象徴するような場所が、JR静岡駅前にある「静岡ホビースクエア」
ここには様々なメーカーの新商品を並べたショールームやイベントも盛りだくさん。
静岡に来た際には一度ご覧ください。
きっと子供のころのあのワクワク感がよみがえりますよ。

隣接した売店では限定商品も売ってます。
私が行った時の目玉は「バンダイホビーセンターオリジナル電動式4色射出成形機!!」
って言っても全然判らないですよね?
バンダイホビーセンターはガンダムのプラモデルを作っている工場の事で、4色射出成形機は世界でもこの工場にしかない4色のプラスチックを同時に成型できるマシンなんです。
それで、売っているのがそのマシンのプラモデル。
つまり「プラモデルを造る機械のプラモデル」って事です。
なんじゃそりゃ! (゚ペ)?

MY

コメントは受け付けていません。