サンスベリアの鉢分け

一時期、マイナスイオンを多く発生すると、ちょっと有名になったサンスベリア。
当時、そんなキャッチフレーズ?に釣られて我が家も買った訳ですが(笑)
部屋に緑があると、なんとなくホッとし、癒される気分になります。

順調に育っていき、花が咲いた事もあったのですが、昨年ぐらいから少しずつ枯れてきたり、横にしんなりしてきたり。。。
どうやら、鉢の中でぎゅうぎゅうになる位、根が広がっていたようでした。

乾燥や暑さには強く、寒さに弱いサンスベリアは、冬には何もしない方が良いらしいですね。(水やりさえNGだそうです)
もう十分に気温も上がり、もういいかな、、、という事で、今日になってやっと実行しました。

3鉢あったので、同じ位の大きさの鉢を3つ、プラス小さい鉢を1つ購入。
サンスベリアを鉢から取り出してみると、やはり根がぎゅうぎゅうの状態に。。。
あたらしい土と共に入れ替えてみると、見た目もスッキリしました。

これでサンスベリアもひと安心してくれるかな。

伊藤大史

コメントは受け付けていません。