ガラケー ?

ふぅ、ようやくスマホデビューしました。
普段、一日中パソコンをいじっている事もあり、携帯のキータッチがとてもまどろっこしく、苦手でした。

この携帯(左)、変な形でしょ!
3年前、廃盤になっていたフルキーの機種をネットで探して、使い始めました。
画面も今のスマホのようにタッチで反応する、結構すごい機種でした。
とは言うものの、タッチで反応する動作は一部だし、フルキーも小さくて打ちづらく、結局のところ、両方の機能はちょっと残念なものでしたが・・・。
しかも半年前からキーの液晶が消えてしまって、四角いミゾを頼りに、押していました。
この携帯に特別な愛着があるわけでもなく、スマホデビューに自信が無いわけでもなく。
なぜ、壊れた携帯を使い続けていたか・・・
スマホへの期待が大きく、より良い機種を選びたくて、悩んで悩んで、月日が経ってしまっていたというのが正直なところでしょうか。

今の世の中、完全にスマホ時代。
携帯電話は、いきなり「ガラケー」と呼ばれるようになり。
「ガラケー」の語源を知ったのはつい最近ですが、知らなかったそれまでも、その言葉の響きだけで、なぜか、充分いや~~な気分になっていました。

※「ガラケー」=「ガラパゴス携帯」の略。
機能満載であまりに日本独自の進化を遂げたため、外進出出来ず、孤立している事を皮肉った呼び方。

そして、ガラケーの意味を知ったのをきっかけに、ようやく進化を遂げる事が出来た私です。
無くなってしまった「ガラケー」の便利さと、「アプリ」なるものを天秤にかけながら、もっか、
「スマホ」と格闘中。

浜野

コメントは受け付けていません。