今年も開催しました!

第6回食物アレルギー教室を開催しました。scissors
当日はあいにくのお天気の中rain
午前中は免疫とアレルギーの関係について、免疫学がご専門の東邦大学医学部名誉教授の垣内史堂先生に教えていただき、その後料理教室へ。
「カルシウムをおいしく摂ろう!」と題した調理実習には、お子さんに食物アレルギーがある会員親子だけでなく、現役の栄養士、調理師、そして栄養士を目指す学生も参加し、調理室は総勢約40名の賑わいを見せました。
今回お借りした会場は、「学校法人東京食糧学院 東京栄養食糧専門学校」さんです。
社会に多くの管理栄養士や栄養士、調理師を排出している専門学校です。
学院には会場をお借りしただけでなく、様々なご協力も頂きました。confident

「カルシウムをおいしく摂ろう!」というテーマで、
当日は、小松菜やひじきを使ったお豆のスープや和風ケークサレ。
小麦粉や牛乳taurusを使わなくても美味しくできるホワイトパスタ。
子どもたち皆で頑張った、とうふプリンのブルーベリーソースがけ等々。
目にも舌にも美味しいお料理が並びました。delicious

親の会では、「食物アレルギーの子を育てるうえで欠かせない除去食と代替食を作るにあたって、アレルギーの正しい知識を学ぶ事が大切」と考えています。
食物アレルギー教室は、学習会・調理実習・交流会がセットになった企画で、1日でたくさんのことを学ぶことができます。
次回は、2015年2月に大阪での開催を予定しています。

新井泰子clover

コメントは受け付けていません。