プルーン

我が家のプルーンを紹介します。この数年、私の友達の間では人気者です。とは言ってもペットではありません。でも、そんな存在かもしれませんが・・・。

それまでのわたしは無農薬や栄養のバランスなどにはほとんど関心がなく、ひたすら偏食の道をまっしぐらでしたが、わが子の食物アレルギーがわかったときから急に栄養のバランス、そしていかにおいしいものをどうやって手に入れ食べさせるかなんて目覚めたわけです。
いつか自分で作った安全なものを食べさせたい、という夢を描いていましたが、なかなか実行できるものではなく、理想は理想でした。
それに比べればずいぶんかけ離れてはいますが、たまたま縁があり当地で暮らすようになり、猫の額ほどの庭に果樹を数本植えました。とにかく狭い中にごちゃごちゃ植えてあるわけですから、今はミニジャングルです。夏はこの日本一暑い地で、窓に張り付くようにして木々達がグリーンカーテンの役割を果たしてくれています。(道路からの目隠しにもなってくれますしね)そんな中での激しい生存競争に勝ち抜き、ここ数年たわわに実をつけてくれて、心とおなかを満たしてくれているのがプルーンです。植えた時は3センチほどだった幹も、今では10センチほどになり、2本仲良く1年おきにたくさんの実をつけあっています。

ミネラルやビタミン類が豊富で、栄養価おいしさとも生で食べるのが一番といわれていますが、今年は初めて好物のドライプルーンつくりに挑戦しました。予想以上のおいしさに感激。皆さんも機会があったらぜひ挑戦してみませんか?

【ドライプルーンのつくりかた】
①プルーン1kg(炊飯器の都合です)をさっと洗い、水気を拭く。切れ目を入れ、種を取り、炊飯器に入れる。
②砂糖150~200グラムをまぶし、10時間保温する。
③ざるに広げて、好みや天候に応じて3~4日日干しにする。(毎日乾燥具合をたしかめるため味をチェックしてしまいます。出来上がる前に無くなるかも・・・とにかくおいしいです)
④ジュースもたくさん出ますので、消毒をした容器に保存します。お菓子や料理に、また
そのまま薄めて飲んでもおいしいです。

黒田

コメントは受け付けていません。