栗ご飯

今年も楽しませていただきました、秋の味覚のひとつ、栗。
届いたばかりの和栗を熱湯につけて、皮をむき、定番ですが、栗ご飯に。
そして、先日届いて乾かしていたゴマの枝から収穫した黒ゴマを炒ってパラパラ。

美味しかったです!!
自分で言うのもなんですが(笑)でも、栗をむいて炊くだけですので。
そして、栗の味わいもですが、このゴマの味と香りの強さに感動!
見た目にもしっかりした粒で、炒った香りと口に広がる味わいが濃い。

ん~~~、これは強いアレルギー反応が起こるパワーがあるね!!
と、妙な感動というか、感心の仕方をしてしまうあたりが我が家らしい(笑)

食物を選ぶには、我が家もまずアレルギーの問題はありますが、食べるなら、ちょっと高価でも、
やはり国産で、農家さんの顔が見えるような、大切に育てられた農作物を選びたいな、と思います。
パワーもあるし美味しさが違う、と改めて思いました。
安心、安全、美味しさ…これだけを追究することができたらいいけれど、あまりに高価ではそれも難しくて…。
でも、やはり体を作る資本となる食べ物。日々なるべく日本の食料自給率アップに貢献したいと思います。
ほんの一家族の食卓だけれど、こういうことも大事に考えて、娘達にも継承していきたいな~とも思いました。

伊藤友希

コメントは受け付けていません。