春を告げる渡良瀬遊水地のヨシ焼き

東京では桜の開花宣言が今日あたりではと言われていた3月22日日曜日、2012年ラムサール条約に
登録された群馬県、栃木県、埼玉県、茨城県で取り囲まれたハートの形の谷中湖のある渡良瀬遊水地で
今年も春の訪れを告げるヨシ焼きが行われました。

渡良瀬遊水地は以前にも紹介しましたが約15000ヘクタールの本州最大のヨシ原で、貴重な鳥や植物の宝庫です。病害虫を駆除し新芽の生長を促すために毎年この時期にヨシ焼きが行われ、まもなく植物たちがかわいい芽をのぞかせます。
ボウボウという火の音に驚いたのか鶯があわてたように啼きだした声もきこえました。まだまだねぼけごえ?
「ケキョ!」だったり「ホーーケキョ!」だったり美声とは言えないけれど思わず聞き入ってしまいました。
何羽かいるようでしたよ。
広々とした草原を思いっきり駆け回ったり自転車を走らせたり、ジョギングや散策を楽しむ人たちが、暖かい日差しのなかを思い思いに過ごす姿もまもなくたくさん見られるようになります。自然の宝庫で、電車を降りたらバギーを押しながらでも行ける場所がこんなに身近にあるのですから、お弁当持参でお出かけください。

 

自然と言えば先日お寺で精進料理を教えていただく機会に恵まれました。
実習の前のお話でどんなものにも命があり、私たちはその命を頂いて生かされていること。
精進料理はその中でも植物の命を頂いており、季節のものを無駄なくいただくのが基本になっていると話されました。
話を聞き出来上がった料理を頂き、厳しい修行をしてこられた僧の方達の強靭さを思い起こしたり、
穏やかな話しぶりに心の豊かさを感じてきました。素材もシンプルで簡素なものですがとてもおいしく
次回が楽しみです。今はたくさんの方たちの努力や協力により、アレルギーで食べられない食品があっても
様々な食品に恵まれ過ごしている日々ですが、わが子の幼かったときには悩んだり、休みと言えば
目新しい食品を求めてあちこちかけまわっていた日々を思い出しました。
無理をしなくても食べられるものはたくさんあり上手に使うことがおいしく食べることができるのだと実感しました。
“無理をせず自然体で”自然とともにゆったりを目指していきたいとおもっています。

黒田

お片付けセミナー「☆頑張らない片づけのコツ☆」

1月例会の「☆頑張らない片づけのコツ☆」に参加しました。

我が家は共働き、家事も分担しているので、私にとっても実際の「ナルホド!」に繋がる
お話をたくさん聞けて、とても有意義な例会でした。日々の掃除や、片付けポイントな ど
自分だけでは目の届いてなかったところを気付かせていただきました。

早速試してみましたが、特に恐ろしかった(!?)のは、お客様用の布団!
たしかに、密封の透明ビニール袋に入れて、大丈夫だろうと、ずっと押入れの奥に
スタンバイしたままでした。おそるおそる取り出し、外に干し、しっかりと布団叩きをすると・・・
見違えるように、とてもスッキリしました!!

目の届かないところ。分かってるつもりになって、気が付けば長年放置してしまっているもの。。。
しっかりと見れるようにしなければいけないのですね。
家事だけに当てはまる事ではなく、実生活のさまざまな場面で活かされる教訓を
教えてもらったと思います。

伊藤大史

今年もきました、この季節・・・

だいぶ寒さも緩んできて、春の気配も多少感じられるようになってきましたね。
この冬は暖冬傾向、とそんな長期予報を秋口に聞いて、その時は信じるものか、と思った私です(笑)
とにかく寒さが苦手で、11月頃から3月頃までは、できることなら冬眠して暮らしたいくらい(笑)

もちろんそんなわけにもいかず、携帯カイロを前後(お腹と背中)に貼り、時には足の裏にも貼り、
寒い寒いと言いつつも、あっという間に3月も半ばになりました。
振り返れば、確かに例年よりは寒さが厳しくなかったかも?
東京はおかげさまで雪も少なく、確かに暖冬傾向だったのかな~と今更感じています。

そして何よりも春を感じさせてくれるのが、今年は1月末から始まった目のかゆみ、くしゃみ、鼻水・・・。
スギ花粉、例年通りです。
こちらも予測どおり、昨年とは比較にならない量が飛んでいる気がします。

花粉症の方々、まだ今年のシーズンも始まったばかりですが、どうにか乗り越えていきましょう!

写真は先日作ったイチゴジャムです。
花粉の季節ですが、美味しいイチゴの最期の季節でもあります。
煮ている間、家中に広がる甘い香りは幸せな香りです。

伊藤友希

米粉セミナーのお知らせ

———————————————————————————————————————–

アレルギーシンポジウムのお知らせ

お申込み・お問い合わせ http://www.sympo.jp.net/allergy/